FC2ブログ

収納とインテリアと災害~地震編1~

こんにちは、空間エコロジー研究所です。


収納やインテリアを考えるとき、大切にしていることがあります(^-^)

“装飾美”
“機能美”

自分好みのモノに囲まれた暮らしはワクワクします。
でも、もっとシンプルで大切なこともあります。

“災害から命を守ること”です。

安全なはずの室内が、じつは危険な状態で、災害時に大ケガをしてしまう...想像もしたくないことですが、室内に潜む危険は意外と多く、見過ごされがちなのが現実です。


実際、地震時に「家具類の転倒・落下・移動」によってケガをする人の割合は、約30~50%と言われています。
ケガ以外にも、転倒・落下・移動した家具類が、ストーブと接触して火災が発生したり、避難通路・出入口をふさいで避難の妨げになったりすることもあります。
まずは、その事実を知ること。そして、家族との安全安心な暮らしが保てるように少しの工夫を怠らないことが大切です~!


地震に対する家具類への対策には、次のものがあります。
・集中収納
・適切なレイアウト
・転倒・落下防止
・移動防止
・その他(吊り下げ照明、水槽、引出しなどへの対策)


集中収納とは、
納戸やウォーキングクローゼットのように、一カ所に家具を集中させることです。居住と収納を分離して、生活スペースに家具類をなるべく置かないようにします。

でも、納戸もウォーキングクローゼットもない...という間取りの家もたくさんあるはず。そんなときは、優先順位を決めて配置するのが大切だと思います。子供や高齢者が過ごす部屋・寝室には、背の高い家具を置かないようにしましょう。とっさに逃げることが難しい状態でも、いかにケガをしない(させない)かが重要です。

分かってはいるけれど...なかなか取り掛かれない。
モノが溢れて、どこから手を付けていいか分からない。
そんなときは、家を整えるきっかけに、ぜひ整理収納のプロを活用していただきたいと思いますo(^▽^)o


次回へつづく

IMG_37071.jpg



空間エコロジー研究所 スマホサイト
http://kukan-eco.com/

公式フェイスブック
http://www.facebook.com/kukan.eco/

参考:東京消防庁『家具類の転倒・落下・移動防止対策ハンドブック』




テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kukaneco

Author:kukaneco
空間エコロジー研究所
人とモノの関係を最適に。
片付けのプロが、お悩み解決のサポートをします!
『片付けアドバイス』サービス対象エリア:奈良県、大阪府、京都府

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR