FC2ブログ

再・整理学講座に学ぶ

奈良・大阪・京都の整理収納サービス、空間エコロジー研究所です(^^)/

再・整理学講座~狭さからの脱出~(S.41 朝日新聞コラム)に学ぶ。テーマは、”たな”です。
コラムでは、たなを二つに分けて考える、とあります。

・モノをしまっておくタナ
・モノを便利に使うためのタナ


つまり、

・モノを保管や保存するためのタナ
・モノを使うために定位置で管理するためのタナ

といったところでしょうか。

私のセミナーに参加される方の中に、押入や納戸が開かずの間で...なんとかしたいけどどうしたらよいか...と悩んでおられる方がいらっしゃいます。タナ(=収納)をモノを押し込める場所として使った結果、奥から手前へ、下から上へどんどんモノが積み重なり、ついには開けるのが怖い収納になってしまったというわけです。


タナ(=収納)は、モノを押し込める場所ではありません。保管や保存、定位置管理いづれにしても、まず、なにを置くか決めてから配置を考えます。コラムにも同じく、なにを置くか主たる目標を決めてからタナを製作するように、と書かれています(^^)



そのほか、タナは固定型に限らず、用途によっては自由に取り外しのきく方法を考えると、変化できる利点があると書かれています。実は、我が家は、ほぼ、この方法でタナを作っています。以前、夫の仕事の関係で引越しが多かったため、取り外しのきくタナは、間取りや広さが変わっても大いに役立ちました。

すき間のタナ、タナの内部にはめ込む小さいタナ、なども紹介されています。現代の収納アイディアに通じることで、時代は変化しても変わらない収納のコツに脱帽です。

壁面や押入、戸棚などを立体的に仕切るタナ。
何を置くか決めて、重い・軽い、長い・短い、大きい・小さいなど、置くモノにあわせてタナを作っていけば、使いやすい収納になります。

それから、もうひとつ大事なのは、循環。保管や保存の必要があるかないか、ときどき見直して、循環するタナにしましょう。見直しのスパンは、収納するモノの種類にもよりますが、1年に1度くらいが目安でしょうか。これで、開かずの間問題は解決です(*^^*)

最後にコラムの筆者、香住晴彦さんより
たなは便利なばかりでなく、なかなか楽しい存在です。お宅の事情に合わせて工夫し、大いに活用してください。
とのこと。楽しみましょうネ♪


9881e8f979025fe1f13974e6843b1b63_s.jpg





空間エコロジー研究所
info@kukan-eco.com
http://www.facebook.com/kukan.eco











テーマ:整理収納アドバイザー - ジャンル:ライフ

プロフィール

kukaneco

Author:kukaneco
空間エコロジー研究所
人とモノの関係を最適に。
片付けのプロが、お悩み解決のサポートをします!
『片付けアドバイス』サービス対象エリア:奈良県、大阪府、京都府

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR